フライヤーのイラストを担当しました

 

子供の人権をテーマに、東京弁護士会さんで制作されているお芝居「もがれた翼」のイラストを今年も描かせて頂きました。パッチワークのように繋がった支援の中で自分の地図を作る少女です。

「もがれた翼」は毎年、子どもシェルターの方や弁護士さんなど現場の方が制作されている、熱意と説得力のある舞台。私は2015年から絵を担当させて頂いており、親権問題や、貧困、更生など、毎回深刻なテーマだからこそ、多くの人の手にとって頂けるよう心がけて描いています。

ご興味ある方はぜひお越し下さい !

 

「もがれた翼パート25・パッチワーク」 

2018年8月24日(金)夜の部 18時30分開演(18時00分開場)

2018年8月25日(土)昼の部 13時00分開演(12時30分開場)

           夜の部 17時00分開演(16時30分開場)

※8月25日(土)昼の部は、混雑が予想されます。

※各回公演の2時間前から受付を開始いたします。

 

場所

赤坂区民センター(区民ホール)

住所:東京都港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内

 青山ルート44番・125番「赤坂地区総合支所前」下車

 

公演情報はこちら(東京弁護士会ホームページ内)