5/14 朗読+音楽+ライブペイント「その衝動はきみのもの」

2017年5月14日(日) 開場18:30 開演19:00(20:45終了) 

 

料金:2000円(当日券のみ)※ドリンク付き 

 

会場:杉並区産業商工会館

 

出演:

成宮アイコ(朗読詩人 / ポエトリースクリーム) 

葛原りょう(詩人 / 大衆文藝ムジカ編集長) 

Tokin(イラストレーター) 

こもりきひ(ギター)

 

「阿佐ヶ谷アートストリート」ホームページ

 


詩+音楽+ライブペイントによるユニット「カウンター達の朗読会」チームにて、杉並区後援によるアートイベント「阿佐ヶ谷アートストリート2017」に出演します。

いじめ・家庭内暴力・不登校・ひきこもり・躁鬱・リストカット・・・健全に生きられなかった詩人2人が音楽&ライブペインティングと共に「生きること」をさらけだして叫びます。

「なににもなれない自分」「どこにも属さない自分」そんなグレーゾーンで孤独と葛藤を抱える僕らのハードルは全部ぶっ倒して生きていこう。

あなたの中にある痛みが、忘れられないクソみたいな黒歴史が、いつか明日の糧になりますように。

かき消されない感情をなかったことにしない。忘れたいような気持ちがいつかわたしとあなたの糧になりますように。

 


予約方法

当日券のみとなります。当日、直接会場までお越し下さい。

会場:杉並区産業商工会館

・JR中央線「阿佐ケ谷駅」(南口)徒歩5分

・東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩3分

・他、各種バスにてバス停「阿佐ヶ谷南一丁目」より下車徒歩1分



出演

 

■成宮アイコ(朗読詩人 / ポエトリースクリーム) 

機能不全家庭で育ち、強迫神経症/社会不安障害に悩まされ、不登校やリストカットを経験。赤い紙に生きづらさをテーマにした詩や短歌を読み捨てていく絶叫朗読のライブ活動をしている。フジテレビ「スーパーニュース」や「朝日新聞・全国版」で紹介され、新潟と東京を拠点に、神奈川・千葉・秋田・長野・富山・京都・大阪など全国で興行。大ホールでの真面目なフォーラムから、地下のライブハウスまで何でも出演。生きるためのアジテーションを目指して本当のことばかり言っていたら、YoutubeやAmebaからたびたびコンテンツを消されるため、絶対に黙らないでいようと心に決めている。

 

■葛原りょう(詩人 / 文藝ムジカ代表) 

詩人・歌人・俳人。7歳より不登校を始める。喘息、アトピーにより毎年入院し病院に親しむ。いじめにより特別学級で暮らす。農薬スミチオン服毒数回、切腹自殺を図るが警官に囲まれ13針の未遂に終わる。絶唱バンド「ムジカマジカ」でパリ遠征と12回のワンマンライヴを成功させる。歌人・福島泰樹氏に師事。詩集に『朝のワーク』『魂の場所』。第3回芝不器男俳句新人賞対馬康子奨励賞受賞。2014年暮れに第一歌集「風の挽歌」を上梓。同歌集が第8回日本一行詩大賞新人賞、第三回黒田和美賞とダブル受賞となる。

 

■Tokin(イラストレーター、アーティスト) 

アーティスト、イラストレーター。心理やメンタルヘルスをテーマにした絵の制作を行なっており、個展の開催、グループ展への参加の他、イベントへの出演も多数。解離性障害、双極性障害と暮らす日常を描いたフリーペーパー「ゾンビ道場」を2012年より不定期発行中。「季刊・Be!」にてマンガ「当事者研究室…ってほどじゃないけど!」を連載。痛みと生きる現実と、無意識のファンタジーを繋ぐことがモットー。そこから見える世界は何色?

 

■こもりきひ 

千葉県出身、元不登校、元ひきこもり、元ニート。音楽が好きでひきこもって家で楽器を弾いていた。2年前から三線を習い初めて人前で演奏始める。千葉を中心に地域のイベントで活動している。