カウンター達の朗読会

生き辛さを抱える全ての人へ捧げる朗読ライブ

「カウンター達の朗読会 Vol.10」

声を閉ざすな!かき消されない感情の為の57577

2016年5月14日(土)

ネイキッドロフト

東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F

OPEN 18:30 / START 19:30

前売/予約 ¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)

【出演】

成宮アイコ(こわれ者の祭典)
葛原りょう(大衆文藝ムジカ 主筆)
ライブペインティング:Tokin
ギター&クラリネット:タマフジカ


ダウンロード
カウンター10フライヤー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.7 MB

いじめ・家庭内暴力・不登校・ひきこもり・躁鬱・リストカット・・・まっとうに生きられなかった詩人2人がミュージシャン&ライブペインティングと共に「生きること」をさらけだして叫びます。「なににもなれない自分」「どこにも属さない自分」そんなグレーゾーンで孤独と葛藤を抱える僕らのハードルは全部ぶっ倒して生きていこう。あなたの中にある痛みと忘れられないクソみたいな黒歴史が、いつか明日の糧になりますように。


【重要なお知らせ】

カウンター朗読会のメンバー・葛原りょうですが、体調不良により今回の出演が困難となりました。それに伴い、伴奏の江藤善章さんのご出演も見合わせることとなりました。

楽しみにしてくださっていた皆さま、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

 

今回、5月14日のカウンター達の朗読会は、現メンバー&演奏メンバーで決行いたします。

成宮アイコの新作朗読詩のみのパートと、これまでのカウンター朗読会を構築してきた朗読詩、Tokinのライブペインティングソロ、タダフジカによる今回のための演目をはじめ、葛原りょう本人から託されました新作短歌と、敬意と回復を祈ってのカバー演奏などを検討しております。

 

開催延期も考えましたが、本人が帰ってくる場所として、7年間みんなで続けてきた「カウンター達の朗読会」を守っていくことが、今のわたしたちにできることだと思っています。

当日、入り口にて、葛原りょうへのメッセージを書いていただく紙をお渡しします。皆さまからいただいたメッセージは、今回の会場装飾に使い、体調が落ち着き次第、確実に、本人へ届けます。

 

また、復帰後にあらためて、今回参加してくださる皆さまにむけて3人でのスタジオライブ動画DVD・もしくは音源配布など、何かお渡しできるものを考えています。

ご心配 / ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございませんが、どうか、今後もカウンター達の朗読会にお付き合いくださるととても嬉しいです。

 

カウンター朗読会一同

 

◼︎葛原りょう本人からメッセージをあずかっています

「大切なカウンター達の朗読会、記念すべき10回目に出られずにとてもつらい、だけど俺はそこに必ず戻るから、今回の記念イベントをどうか楽しんでほしい。自分の魂は、その日、舞台の上に飛ばすから」

コメント: 0